自動販売機はコインパーキングと相性が良い

以前の記事で、コインパーキングにプラスアルファする収益源として自動販売機についてご紹介しましたが、記事の反響がよかったので自動販売機についてもう少し詳しく書いてみようと思います。

 関連記事:コインパーキング投資、だけではもったいない

スポンサーリンク

コインパーキングとの相性の良さ

自動販売機は収益源として、コインパーキングとの相性が非常にいいです。なぜかというと、多くの場合コインパーキングでは精算機のすぐ隣に自動販売機を設置するため、他の場所に設置する場合に比べて以下の理由から飲料の購入に結びつきやすいためです。

 ・両替機代わり → コインパーキングの精算機も通常紙幣は使えますが、飲料を買うついでに自動販売機で崩そうとしてもらいやすいようです。

 ・おつりでついでに買う → 上とは逆に、コインパーキングの精算機から出てきた釣り銭をそのまま隣にある自動販売機に投入してくれます。わざわざ飲料を買うために財布を取り出すわけではなく、手に持っている小銭をそのまま投入するだけなので、それだけでも心理的なハードルが下がります。

 ・運転している間の飲み物を確保 → 一度運転を始めれば、喉が乾いてもいちいち途中で止めて飲み物を買うのは面倒です。車に乗り込む前に飲み物を確保しておこうという心理が働きますので、常に需要が発生しやすい場所に設置してあることになります。

 ・運転後の水分補給 → 上とは逆に、飲み物を持たずに運転してきて喉が乾いた人が、コインパーキングに車を止めて一番近くにある自動販売機でまず喉を潤そうとしてくれます。

このような理由で、コインパーキングに設置する自動販売機は結構稼いでくれます。私が設置してもらっている自動販売機も、どちらも似たようなちょっと奥に入った住宅街ですが、アパート前に設置したものよりコインパーキングに設置した自動販売機の方が二倍近い売上げになっています。

真の不労所得

コインパーキングにしろどこにしろ、設置できそうな場所をお持ちであれば自動販売機の設置はかなりお勧めできると思います。

ここでは、自動販売機を自分で購入して在庫も持つ方法ではなく、一般的な全て業者にお任せする場合のお話です。

自動販売機設置が決まると、こちらは置く場所と電源を用意するだけであとは自動販売機本体から運搬・設置工事から商品・釣り銭の補充から売上金の集金から空き缶入れの設置から空き缶の回収から周囲の清掃から、全て事業者持ちでやってくれます。

本当に場所と電気を提供するだけです。あとは毎月売上げのうちから取り分が振り込まれてくるのを待つだけです。

これは例えば、土地を持っている地主が事業者に一括借り上げでコインパーキング運営を委託するスキームに似ています。地主は土地を提供するだけ、あとはコインパーキング機器購入も設置工事も運営も全て事業者が行うという方法です。

しかしこのような一括借り上げの場合、事業者は地主に例えば10万円なら10万円、毎月定額の地代しか払わないのが普通です。事業者が機器からなにから全て持つ分、例えコインパーキングが大繁盛して毎月50万円売上げようが100万円売上げようが、地主が受け取れるのは決まった10万円だけです。

地主は自分でコインパーキング機器を買ったり費用負担したりしなくていい分、例え売上げが伸びてもそれに連動して収益を増やす権利はないということですね。

しかし自動販売機の場合は、このようなコインパーキング一括借り上げと同じように機器も設置工事も運営も全て事業者持ちであるにもかかわらず、オーナーが受け取れるのは売上げの何%となっており、つまり売れたら売れただけオーナーの取り分も増えるのです!(これは自動販売機業者との契約にもよります。毎月定額、という契約の場合もあります。)

自動販売機本体を買ったり工事費用を負担したりと、お金を払うことが一切ないのに売上げが増えたら増えただけ取り分も増えるという、いいとこ取りができるわけです。もちろん売上げが少ない月はそれだけオーナーの取り分も減るわけですが、別に初期投資額が0円なんだから減ったって痛くはないですよね。初期投資を回収しなければいけないということがないわけですから。

いかがでしょうか?設置してもらったらあとは電気代を負担するだけ。なにもしなくていい真の不労所得であり、しかも初期投資なくかつ売上げ連動で手取りも増える(減りもしますが)自動販売機。置ける場所があったら断然置いた方がいいと言った理由がお分かりいただけましたでしょうか。

自動販売機の設置の仕方

さっそく自動販売機を設置したいと思い立ったら、自動販売機業者に連絡して置きたい場所を伝えれば現地調査などを行ってくれて条件を提案してくれます。

業者の調査の結果、売れそうとか売れなさそうとかの判断から「オーナーの取り分は売上げのXX%とする」というように提案してくる契約条件が決まるわけです(本当に需要のなさそうな場所だと設置をお断りされることもあります)。当然売れそうな場所だと業者も設置したいですからオーナーの取り分も多く提案してきます。いけそうなら強気の交渉もありだと思います。

コインパーキング投資とも不動産投資とも相性が良く、気軽に始められ労力も不要、それでいて案外バカにならない収益を稼いでくれる自動販売機。ご自身の物件やご自宅に置けないか、一度業者に相談されてみることをお勧めします。


タイトルとURLをコピーしました