自信ないまま使っている英語のモヤモヤを晴らすには

どうもいつも外国人の友人と話しているときや海外の証券会社や通販サイトに英文で問合せを書いたりするときに時制やら文型やら、「これでいいのかなぁ~!?」と自信を持てないまま無理矢理やってしまっているところがあります。一応通じてはいるので問題ないっちゃーないんですが、やはりどうしても気持ちが悪いので文法をもう一度勉強しなおすことにしました。

とにかく話してみろ、とは言っても基礎が大事

昨今はかつての学校英語の文法丸暗記勉強法とそれでも話せる人が少ない現状への反動から、「とにかく多少間違っていようが話すことが大事!」「文法にこだわりすぎない。通じればよい。」という、ややもすると文法を軽視しがちな風潮が強いですよね。

巷には英会話学校やオンライン英会話があふれておりますが、やはり土台となる文法がしっかりしていないと英会話学校でただ話して、まあ通じてるからいっか、で終わってしまっていて英語をモノにするってできていないんです。

たくさん話すのはもちろん必須だけど、でもそれも土台となる文法がしっかりしていてこそかなと。

そういうわけで英文法を学びなおそうと教材探しを始めました。

自分で勉強方法を考えたくないものぐさ向け教材とは?

探してみるといろいろ優れた参考書はありましたが、自分の性格的に市販の参考書で自分でやり方やスケジュールを考えてやろうとするとめんどくさくて挫折するのが目に見えているので、ここはやはり勉強の仕方からスケジュール管理まで手取り足取りの通信講座にすることにしました。

英語の通信講座といえば老舗で実績抜群のアルクさん。今回はアルクの「英文法イメージトレーニング」の講座をやることにしました。

早速アルクのサイトの講座紹介をみると、

英語で話すとき、「これで合っているのかなあ」ともやもやした気持ちになったことはありませんか。この講座の学習を終えると、英語の基本的なルールが身につき、迷うことなく自信をもってスピーディーに英文を作ることができるようになります。

・・・と、まさに私が感じていたことが書いてあり、「もう、これだ」と思いましたね。そう!自信をもって英文を作りたいんだよ!話すにしても書くにしても。
早速申し込んで、二日後には届いたのでやり始めたところです。

講座のレベルとしては「英語初級~」とは書いてありますが、まったくの英語初心者にはちょっと厳しいと思います。対象者としては、(ずっと離れていて忘れかけていたとしても)一応中学高校程度の英文法の知識や語彙力はあって、改めて学びなおしたいような人向けというところかと思います。そういう意味で一からの文法の説明はありません。サイトにも「英検準2級レベル~」とありますね。

忙しくても挫折しにくそうなちょうどよい学習量

「英文法イメージトレーニング」は、テキストと音声で毎日学習を進めていく方式。基本テキストは4冊で音声CDもついてきますが、音声は会員サイトからダウンロードすることもできます。いちいちCDから落とさなくて済むのはラク。アルクのスマホアプリからもダウンロードできます。

ボリュームですが、週4日学習を一か月で4週間分やって4か月で終わる感じです。一日の学習時間の目安は約40分。毎日の学習量はテキストにして4ページです。無理のない分量ですよね~。毎月の終わりにはマンスリーテストがあって、これも会員サイトで回答・提出する形になります。昔アルクのTOEICの講座を受けていたことがありましたがその頃はテスト提出はマークシートを郵送でした。音声はダウンロードできるしテスト提出もオンラインだし、ずいぶん楽になりました。

テキストの各ページには、「まず空欄を埋めましょう」「次にそれを音読しましょう」「次に音声を聴いて解答解説を読みましょう」と学習のやり方がいちいち書いてあるので、私のように「どう勉強するか考えんのがメンドクセ」って人にはありがたい。

内容的にも、学校英語のように文法や例文を丸暗記するのではなく、各項目の文法項目がどういうニュアンスを表すのかイメージできるようユーモラスなイラストであらわされているので、まさにネイティブがその表現を使うときはどういうイメージで使うのかというのが分かり実際に会話に使える文法学習となっています。

各週の最後にはTOEICテストのPart5形式の復習テストがあるのでTOEIC対策にもなります。

会話にしろ作文にしろ、すべての土台となる英文法のこの講座をサクッと終わらせて、次は会話や作文の講座に進んでいこうと思います。何しろ土台ですからまず早く始めてさっさと終わらせないと始まりません。営業日の17時までに申込むと翌営業日には発送されますので、英語学習の基礎固めは早いとこ始めましょう。

  • まとめ 「英文法イメージトレーニング」の特徴:
    ・丸暗記ではない「使うための英文法」が学べる。
    ・学びなおす人向け。完全な英語初心者向けではない。
    ・いまいち自信のないまま英語を使っている人向け。
    ・一日40分、週4日学習で4か月で終了。
    ・学習方法は丁寧に書かれているのでやるべきことで迷わない。
    ・テストはオンライン提出。提出後すぐに解答解説が確認できる。


タイトルとURLをコピーしました