つらいコールセンター業務から1日も早く脱出する方法

「自分が悪いわけでもないのに突然怒られる」
「基本的に連絡してくる人は解決できない問題があってイライラしている」
「すぐに回答しなければいけなくて気ばかりがあせる」
などなど、サポート窓口のコールセンターの業務は本当につらいことが多いですよね・・・。

そんなコールセンター業務を含む、自分にとってつらい状況から脱する方法について私の経験からご紹介します。

私も、今でこそ正社員ですが、就職氷河期世代のためこれまでいろいろな職種を非正規で経験してきましたがその中にコールセンター業務もありました。

それまでまったく経験も興味もなかったサーバ関連のサポート窓口でした。
BtoBのサポート窓口だったので一般客相手ほど最初から極端に理不尽なコールはなかったにせよ、もちろん相手は専門のシステム担当者、相手の質問の意味すらよくわからず聞き取った単語で過去回答事例集に検索をかけるだけ。それで見当違いな受け答えをして嫌味を言われたり怒鳴られたり人格否定されたり・・・。

毎日、問い合わせが入った時に自分のディスプレイに表示されるポップアップが怖くて仕方なくなりました。クローズしていない問い合わせもたまっているのにそれでも毎日新規に増えていく問い合わせ・・・。周りの上司や先輩たちも、自分の抱えてる問い合わせ案件の対応で手いっぱいで、ものすごく冷たくそっけなかったですしね。

しまいには朝、職場の最寄り駅に着くと現実を直視するのが怖くて目をつぶったまま職場に向って歩いたりしてました。このまま車にはねられたら会社に行かなくてすむなぁ、くらいの勢いで。今思えばそうとうヤバかったですね。

コールセンターに限りませんが、このようなつらくてしょうがない職場・業務から1日も早く脱出する方法を私自身の経験も踏まえてご紹介します。

スポンサーリンク

上司(派遣元)に相談

上司や、派遣で働いているのであれば派遣元の上司にまずはつらい思いを正直に打ち明けてみるのがいいかもしれません。

その場合、現在の業務が自分のスキルや得意分野などの面で合っていないことをなるべく冷静に説明し、感じているつらさは、本当につらいことを正直に伝えましょう。その上で別の業務へ配置転換(派遣)などしてもらえないか相談します。そこそこちゃんとしている会社であればメンタル病まれると厄介なのである程度話は聞いてくれます。

この方法のメリットはSOSを上げることによって比較的即効性をもって対応をとってもらえることです。即日配置転換というわけにはもちろんいきませんが、一時的に業務量削減・目途がつくまで一旦別の人のサポートのみに回る・最もつらい部分(例えば直接の顧客電話対応など)からははずしてもらう、など、「もうムリ」というようないっぱいいっぱいの状況を一旦にせよ比較的すぐに脱せることです。

一方でデメリットとしては、上司の覚えはどうしても悪くなりますし他の人の負担が重くなるため職場での評判が悪くなります(それでも心身ヤバかったら逃げていいと思いますけどね)。

そして派遣の場合、遠からず別の派遣先に行くことになると思いますが、その次に行く先も自分に合っている(少なくともつらくない)とは限らないことです。

というかいちど音を上げているので選り好みもできないですし大抵このような場合「使えないやつ」の烙印を押されているので前の職場より様々な条件でよろしくない派遣先を提示されることになります。

実際私も派遣元の上司にSOSを出して緊急措置で業務を軽くしてもらい、その後別職場へ派遣としてもらいましたが、その提示された派遣先が今度は給料大幅ダウンの上、時間的に不規則で夜勤もある交代制の仕事でした。

あと一番の問題は、SOSを上げたところでまったく取り合ってくれなかったり問答無用で首を切られたりする会社の方が多そうということですね・・・。
また私の場合はですが職場のカウンセラーや産業医への相談はあんま意味なかったですね。

転職

一番リスクが少なくかつ効果的な方法です。

「いやいや、ハードル高いでしょ。それに現状仕事がつらくていっぱいいっぱいなのに転職活動なんかするヒマないし。」と思うでしょう。

それが今すぐ始められて、それでいて特に時間や手間をかけたりしなくてもできる方法がやりようによってはあるんです。

その前にまずこの方法のメリットですが、なんといっても現在のつらいコールセンター業務から脱出できる上にそのあとに就く仕事が前より悲惨ということがない、ということです(そんな仕事選ばなければいいだけです)。

私もそうでしたが就職氷河期世代は新卒の時あのつらい就職活動を経験してきているので転職するのにあの時のようなつらい活動をまたしなければならないのかとつい及び腰になりがちですが今はそんなこともないんですね。なんと言っても人手不足なので求人は驚くほどたくさんあります。

「悲惨な仕事選ばなければいい」とか「求人はたくさんある」とか言っても、実際はたくさんあったとしても残念な求人しかないんじゃないの?と思いますか?
ぜひ次の方法を今すぐやってみてください。きっと驚きますよ。

あ、ハロワに行ったり求人情報に電話かけまくったり、そんなめんどくさいことはしなくていいですからね。

その方法とは、転職サイトへのエントリーです。

そんなことかと侮らないでくださいよ。実際私もこの方法でコールセンター業務から脱して現在の正社員の地位を手に入れました。

多少名の知れた会社ですし、かつて派遣でコールセンター業務含むいろいろな仕事をしていたことを思い返すと、「これが普通だったのか!」と驚くほど正直ホワイトです。もっと早くにやっておくべきだったと思います。

転職サイトエントリーからの転職で資金と時間の余裕もできて不動産投資・コインパーキング投資も拡大できましたからね。

転職サイトは登録も使用も、もちろん無料です。登録時間も、まあ数分かかる程度でしょうか。ほんとにやろうと思いさえすれば今すぐできます。

あなた自身の情報や希望する条件を入力するだけです。あとは放っておけば条件に合った求人メールが順次届き始めます。あなた自身の情報と条件は入力済みなので、とどく求人情報にミスマッチも無いです。

登録することにデメリットないんでやってみてください。おもしろいですよ。

え!こんな求人あるんだ!? お!結構な好条件!って求人情報がポコポコやってくるのでそれだけでも面白いです。で、それらはあなたが登録した情報の、その上で届いた求人情報なのでもちろんあなたに充分に可能性のある求人情報ばかりです。「俺ってけっこう引く手あまただな〜」って思っちゃいますよ。

もちろん、別に転職サイトにエントリーして求人情報が届いたからといって応募しなくてはいけないわけではないですし、電話がかかってきたりすることもありません。そのまま放置でも全然オッケーです。

ただ早いうちに登録だけでもしておけばその間、届く求人情報のストックも増えていきますからいざ本格的に転職活動するぞ!と思っいたったときに既に選択肢をたくさん持っている状態から始められます。

登録するならやはり大手のリクナビNEXTをおすすめします。なんといっても求人情報の数が違いますし大手の信頼感があります。サポートもしっかりしていますので本格的に転職しようとし始めたときに頼りになります。私が使ったのもここです。

リクナビNEXTなら履歴書作成ツールや自分の強みがわかるなど自己分析ができる「グッドポイント診断」など便利な機能が使えて、転職希望者の様々な手間を軽減してくれます。

直接相談したいときはプロに相談できる転職支援サービスもあります。自分だけで手軽に始めたいときはサイトと求人メールやアプリだけで、対面で相談したいときは支援サービスでと、自分の活動スタンスに応じて使えるのも便利ですね。

今現在コールセンター業務をはじめとするつらい業務の渦中にあるかた、何もしなければまた今日と同じつらい明日がやってくるだけですよ。

人間メンタルやられてくるとだんだん何もする気力がなくなって思考停止していきます。登録すら億劫になる前に、今すぐ転職サイトへの登録だけでもして、つらい状況を脱するための行動をしてください。


タイトルとURLをコピーしました