土地無しコインパーキング投資4つのメリット

スポンサーリンク

「土地無し」であることのメリットとは

これまでの記事で、土地無しコインパーキング投資の注意すべき点やリスクなどについてはいろいろと述べてきましたが(心配性なもので)、そういえばあまり土地無しコインパーキング投資のメリットについて書いたことがなかったなと思い、今回はそのあたりについて書いてみようと思います。

土地無しコインパーキングのリスクなどについてはコチラ
関連記事:コインパーキング 儲けの仕組み(旧ブログの記事です。別窓で開きます。)

持たざる者のコインパーキング投資

従来は駐車場経営と言えば土地持ち地主の専売特許で、いまでも大手のコインパーキング事業者は地主だけを相手にしています。しかし一部コインパーキング事業者が土地を持たない個人投資家にも参入の門戸を開き始め、スッチー大家さんなどの有名人が書籍を出されたことなどからずいぶん注目されるようになりました。

土地を持たない投資家がコインパーキング投資をする場合、これまでも書いてきた様々なリスクを背負う必要がありますがその見返りとして、お金さえ出せば投資として比較的効率のいいコインパーキング投資に参入できるようになったのです。

この「土地を持っていなくても参入できる」ということ自体がメリットの一つです(当たり前ですが)。

二つ目のメリットは、固定資産税を払わなくていいということ。コインパーキングのような建物が建っていない土地の固定資産税は軽減措置が受けられず高くなりますが、土地無しコインパーキングなら自分の土地ではないので当然固定資産税は負担しなくて済みます。

そして三つ目のメリットは、土地有りコインパーキング投資のデメリットの裏返しです。どういうことかというと、例えば土地有りコインパーキング投資をしようと思ったとき、元々の地主でなければ土地の購入から始めますが、コインパーキング投資にはその立地によって失敗のリスクもあり得るということです。

土地を買ってオープンしたはいいけれど見込み通りの売上げが上がらなかったとしても気軽に場所を変えるわけにもいきません。それでも容赦なく土地購入時の融資の返済は毎月やってきます。

これに対して土地無しで土地を借りてやっているのであれば、見込みの売上がどうしてもあげられないその時は撤退するのも容易です。

その後は設置してあった機器を新規コインパーキング現場が見つかればそっちに移せばいいですし、見つからない場合でもわずかですが機器を売って取り返すこともできます。最悪機器を廃棄しても損害はその機器代くらいです。収益の上がらない土地を抱え続けなければいけない恐れがありません。これは気楽です。

四つ目のメリット、それは始めるために用意する資金が圧倒的に少なくて済むということ。

土地から買う場合は当然土地購入資金が必要になりますので金額も大きくなります。自己資金にしろ融資を使うにしろまとまった金額が必要です。土地無しコインパーキング投資なら止められる車の台数にもよりますがほんの数百万円から始められます。

メリットの方が大きい?

このように、土地無しコインパーキング投資には土地無しであるがゆえに背負うべきリスクもありますがメリットもあります。これがリスクに見合うかどうかは各々の判断ですが、私としては当面、コインパーキング投資に注力していこうと思っています。

[pc]エムアールエフ [/pc] [nopc]エムアールエフ [/nopc]


タイトルとURLをコピーしました